グルコサミンンとコンドロイチンの違いとは

グルコサミンとコンドロイチン、どちらも膝の痛みなどの関節痛に悩む人が摂取するサプリメントに配合されていることで有名です。
同じ目的で摂取するので同じ働きをするような印象がありますが、それぞれ成分も違いますし、働きにも違いがあります。

まずグルコサミンは、関節の動きが滑らかになるために重要な軟骨を構成する成分を作ってくれる、という働きを持っています。
軟骨は関節の骨と骨の間でクッションとして存在するものですが、骨より当然柔らかいので加齢とともにどんどんすりへって行きます。
軟骨がなくなると、骨と骨は直接ぶつかりあってひどいと変形してしまうので、痛みや炎症といったトラブルが出てきます。
加齢とともに軟骨自体もすり減って行く上に、軟骨を構成する成分を作ってくれる、」グルコサミンを体内で作る働きも下がってきます。
なので、軟骨が減ってきている人は補っていく必要が出てきます。

一方コンドロイチンはそれ自体が軟骨を作る働きをするものではありません。
軟骨を構成している成分の中に存在するもので、軟骨の水分量を保ち、軟骨が元気な状態であるり続ける役割を担っています。
コンドロイチンが減り、軟骨の水分量が足りなくなると軟骨の柔らかさや弾力が減り、関節の動きがスムーズでなくなってきます。
グルコサミンは軟骨の成分を作るもの、コンドロイチンはその軟骨の成分の中にあるものなので、グルコサミンがコンドロイチンの原料だといえます。
両方を同時に摂取することが望ましいのは、二つがお互いに助け合って軟骨の健康や軟骨の量を保ってくれるからです。